不動産登記について

大事な財産である不動産について、国が備える登記簿に一定事項を登録することとされています。 司法書士は、売買などの不動産取引については登記義務者が登記記録上の所有者本人なのか、登記申請の意思があるのか、実体に即した登記となるのかなど、様々な問題を解決し、取引の安全に貢献しています。 また、売買の他にも担保設定、抹消、住所変更、相続など、不動産にかかわる各種登記申請の手続きの代理と、その手続きに必要な書類の確認や作成を行います。

コメントを残す

前の記事

商業法人登記について

次の記事

債務整理について